2021 秋

EN-LAB.の堀です。

なんかブログの更新頻度とタイトルが「北の国から」みたいになってきました。

大好きな夏が終わり夢から覚めたような気分のまま毎日を過ごしています。


毎年、この時期に自分のマインドが夢モードから現実モードに切り替わるのですが、風光明媚な古都・京都にいながらにして秋を楽しめないという事は愚の骨頂だと強く感じる感性は持ち合わせていますので、10月は夢と現実のON / OFFを使い分けようと考えています。


夢モードの自分は、EN-LAB.の精鋭スタッフを引き連れ「茅葺の里」で有名な美山へと行って参りました。

目的は、慰安旅行を兼ねたYouTube用の動画撮影だったのですが、まあ田舎の似合わない派手な面子で行ったので現地の方に申し訳ない気が勝手にしておりました。


鈴虫の鳴く茅葺の里をバックに弾き語り動画を撮影し、京都市内ではゲットできない素晴らしい素材を多く持ち帰ることができ本当に来て良かったなと思える小旅行でした。

旅の最後に45歳の堀が現地のおじさん(どう見ても年下)に説教されるハプニングなどもあり、相変わらず平和に終わらない性をさらけ出したのも良い思い出です。